資産運用の始め方を伝授|将来を見据えた賢い選択

婦人
  1. ホーム
  2. 3つの運用方法の特徴

3つの運用方法の特徴

貯金箱

自分に最適な方法を選択

老後に備えて資産運用を始める方が増えています。しかし、資産運用と言っても種類は様々。これから資産運用を始める方は、最低でも3つの運用方法についてしっかりと把握しておくことが重要です。3つの資産運用方法の中で、最もリスクが低いのが債券投資です。預金と同じ感覚で運用できるため、初心者の方でも安心です。特に国が発行する国債は極めて安全性が高く、個人向け国債はすぐに完売してしまいます。しかし、リターンも低く、スムーズに資産を形成することには適していません。今の暮らしを少しでも豊かにしたいとお考えの高齢者に適した運用方法と言えるでしょう。債券投資の始め方は、国債は証券会社や銀行、郵便局で、社債は証券会社で購入することで始められます。債券投資と対極にあるのが株式投資です。運用方法の中でもリスクが高い一方、リターンも高いのが特徴です。わずか1年で運用資産が数倍になることは珍しくなく、多くの方が株式投資に資金を投じています。また、始め方が非常に簡単なのも株式投資の特徴です。証券会社に口座を開設し、買い注文を出すだけで始められます。また、株式を組み入れた投資信託が多く、投資信託を購入することでも株式投資を行えます。投資信託は、証券会社のほか銀行や郵便局などで販売されています。債券投資や株式投資と比較し、始め方が最も専門的であるのが不動産投資です。多額の自己資金や借入金が必要なほか、不動産に関する知識や経験が必要不可欠です。一方、債券投資よりリターンが高く、株式投資よりリスクが低いのが特徴です。上手く運用すれば安定した家賃収入でスムーズに資産形成でき、一代で財を成すことが可能です。いずれの運用方法もメリットとデメリットがあります。得られるリターンや負わなければならないリスク、必要知識を十分に考慮することが、資産運用の上手な始め方です。