資産運用の始め方を伝授|将来を見据えた賢い選択

お金

将来の資産形成に向けて

お金

難しく考えない方法

将来の年金資産が不安視される中、自分の老後の生活を漠然と心配している方は多いのではないでしょうか。定年までまだ時間がある場合には、なるべく資産運用によって老後資金を確保することが重要となります。しかし、始め方が分からずに躊躇することも考えられます。そこで、そのような場合の投資の始め方について以下で書いてみたいと思います。まず、資産運用というと投資を行うことになりますが、何を買っていいかが分からないときには、投資信託がお勧めです。投資信託にも様々なタイプがありますが、長期の資産運用に適しているものとしてインデックス型と呼ばれるものがあります。これは、日経平均などの指数に価格が連動するもので、比較的リスクを抑えて長期のリターンを狙う場合に使い勝手の良いものです。投資対象を決めただけでは資産運用の始め方指南としては不十分ですので、次は証券口座の開設を行う必要があります。すぐイメージするのは証券会社ですが、銀行や郵便局でも取り扱っているので自分が購入を希望する商品を取り扱っている金融機関で口座開設を行うようにしましょう。資産運用の始め方として使い勝手がよいのがNISAなどの非課税口座です。年間の投資上限額はあるものの、こういったものもうまく使うことによってより効果的な資産運用が可能となります。ちなみに、投資信託で出た利益については通常は20パーセントの税金が課せられるのです。これが非課税になるのはいかに大きなメリットであるかがお分かりいただけるのではないでしょうか。

財布

小さく始めよう

資産運用の始め方にはポイントがあります。1つ目のポイントは小さく始めるということです。2つ目のポイントが投資商品を複数に分散するということです。この2つのポイントを守って資産運用をスタートしてみるとよいです。